キャッシングした際、返済をする時には利率分を含めての支払いになるのは誰もが知っていると思います。ローン会社は収益を目的とした企業ですから必然です。とはいえお金を返す方は、少しでも少なく返済したいというのが心中でしょう。利息制限法が定められる以前は年率30%近い利子返していましたが、施行後は高利子でも年率18%位といくぶん低く定められていますので、とっても良くなったはずです。最近のローンキャッシングの利子の範囲は4%位から18%位の間が設定されていて、利用可能額により決められます。使用可能額は申請者の査定によって決定します。総量制限により年の収入の1/3までと定められていますので、年収がどの程度なのか?どういう職業なのか?キャッシングカードの利用状態はどうなのか?あれこれ調査され貸付可能金額としてカードの内容が決まります。カードを使ったローンの場合使用可能額が10万円〜800万円(各社で利用可能額は同じではありません)と広い枠があります。そうしてその枠の中で定めた使用可能額により金利も決まるはずです。50万円なら年率18%、300万円なら12%、800万円なら年間4%といった流れになります。つまり、与信が高ければ、与信金額も多くなり、利息も低くなるというわけです。この利率に違和感を覚えるのは自分だけでしょうか?カード会社にとって、これらの事実は当たり前なのかもしれませんが、収入の良い人がキャッシングローンが必要とは思えませんし、もしもキャッシングローンを利用した時でも金利が高かろうが低かろうが、お金の支払いに困る事はないはずです。逆に収入の低い人はすぐさまお金が必要なので借り入れを行う人が大半です。金利が悪いとお金の支払いに追い込まれるようになるはずです。ですから利用可能幅の低い人にこそ低利率で利用できるようにするべきです。これは活用するサイド側としての考えとなります。これらを考えると、利子を良くする為にはどうしたら良いのか、ぼんやりと感じたでしょう。現にこれから書く方法で、申し出をする人が多いので紹介しますと、キャッシングの申請をする時、一年の収入の1/3ぎりぎりの金額まで申込みを行うのです。年収900万円なら300万円でその審査で申し込んだMAXの金額が通ればそれだけ利子が低いクレジットカードを持つことができるはずです。とは言ってもMAXギリギリまでキャッシングしなければいけないというわけではありません。15万円でも40万円でも必要な額だけ利用可能です。そのうえ最高利用枠が300万円で最低金利年間7%位のローン会社もあります。そちらを手続きをすればその企業の最低利率で使用できます。どう感じましたか?やり方を変えるだけで低利子のキャッシングできるカードを手にすることが出来るのです。自らの収入とカード会社の利息を比べて、調べる事に時間を割けば、より有利な条件でキャッシングできるため、面倒だと思わず調べるようにしなければなりません。