ローンの引き落しで多く活用されているのがリボという形式です。一括返済をなくしリボ払だけのクレジットカード会社も存在します。なぜかというと一括払いの金利では金融機関の収益性がよくないのでリボルディング払を利用して収益性をアップするという狙いだったりします。おまけに借りる側の立場でもリボ払いでの返済にしておく方が直観的に理解しやすく、ちゃんと返済できるので喜ぶといった人もたくさんいるのです。しかしながら、これが返って借り過ぎてしまったということになることもあるのです。1回目に借金しようと考えたときはどんな人でも考えるものです。キャッシングの本質は債務者になるということだからで、人から金銭を借りるというのは感覚的に好まれないのです。ところが1回利用してしまった場合、その簡単さに判断を緩めて限度額一杯に至るまでキャッシュを借りてしまうといった人が多いのです。おまけに、数ヶ月間返済が完了して、また枠が発生したというときにさらに引き出してしまう。こうしたことがキャッシングの怖さです。リボ払いは特性上小刻みにしか借入が少なくなっていきません。したがって先述のような行動をしてしまうと、この先永遠に引き落ししなければいけないことになってしまいます。そうはならないようにするため必ずいる分しか利用しない強固な意思と、プランニングが大事なのです。こうした状態で心配なのが万が一キャッシングしすぎてしまったという場合、どうなってしまうかということですが、作成したカードの利用限度額はその人に個別に設定された上限ですからついつい上限額一杯に達するまで使ったとしても引き落しが間違いなくされていれば口座が利用不可能になるといったことはないです。ポイント等が付いていくようなカードの場合使った分のポイントは付与されていくようになっています。カード会社の立場では素晴らしい顧客ということになるわけなのです。ですが返済がしばしば遅れてしまうようだと印象は悪くなってしまうでしょう。ひどい場合サービスの凍結などの措置が加えられることもあります。口座がなくなっても、もちろん最後まで返済を続ける義務があることに変わりません。