クルマを運転している際に、「自動車を持ったままで即日融資可」というような立て看板や広告が偶然見かけることも多いと思います。このような宣伝は、車担保融資の広告群であることが多いでしょう。車担保融資と言われている言葉は、聞いたことがあっても、実際、どういうローンキャッシングのされ方なのか過度に把握していない人もいると思います。車担保融資とは、それだけ少数派のキャッシング方法ともいえるはずです。車担保融資では、自動車を担保にすることで、自動車の査定を行い、その金額の査定枠内で融資を基本行っているようです。通常の車買い取り専門店での査定と同様に、年式が経つ車や喫煙車であったりすると、査定金額が低くなることがあるので自動車を担保として融資を受ける際には意識しておくといいと思います。車担保融資は、「自動車」という目に見えたものを担保にする方法ですので、金融業者などで借り入れがストップしている人でも即日、査定上限内での融資を行えるようです。さらに言えば、貸金業者でのキャッシングには多様な手順や面倒な審査などがありますが、愛車という自分が保有する価値のあるものを使い行うキャッシングですから、そういったものが要らないこともあります。つい最近では、自動車を返済に行き詰った際の保険にしてローンを受けても、今までと変わらなく保持して運転することが出来る車を利用した担保融資も増えてきています。しかし、このキャッシング方法の弱点としては、自動車の査定内容にキャッシングの上限額も左右されますから、乗っている愛車によって、自分自身が望む価額の融資を受けられないということもあると耳にします。愛車を返済ができなくなった際の保障にしますから、万一借りたお金の返済が滞ってしまった時には、すぐさま愛車を手放さなければならないなどの、デメリットです。車が暮らしの必需品である場所では、自動車を、返済に行き詰った際の保険にするローンキャッシングの仕方は、相当リスクが多いといえるかもしれません。