残念ながら現状ではこの上なく珍しい事例を例外として商品券ショップでクレジットを用いる事が出来るところなんてものは無いのです。

そのためAmerican Express、NICOSなどのギフトカードを利用した間接クレジットの事例はたまにしか実際には活用するに近いだと思われます。

それならなにを駆使すれば直接でないクレジットが出来るのでしょうか?と言われればそれは近頃ひろく普及している電子マネーという名前のEdy(エディ)、iD、QUICPay、またはICOCA、VISA Touch、nanacoなど。

このようなもの使用して直接でないクレジットカードの使用を始める事ができるようになります。

PASMO、iD、QUICPay、であったりICOCA、WAON、nanacoなどはクレジットで買い取るという事ができるのギフト券:PASMO、Smart Plus、またSuica、WAON、nanacoなどに馴染みのない方々にとっては、ぼんやりとレベルが高い第一印象を思い描く可能性があるかもしれませんが電子マネーというものは言葉にするならなんてことはない金券です。

MasterCard、Diners clubなどのギフトカードと全然差はないものです。

またこういう電子マネーはカードを用いて簡素に買い付け出来ることが長所だったりします。

その上電子マネーという物は今やタクシーをはじめとして駅ナカや様々な店舗などなどといった所でも用いることが可能なようになっている。

「当店舗の品物の購入にはカードはご活用できません」という感じで書かれているようなお店においてもPASMO、QUICPay、だったりICOCA、VISA Touch、nanacoなどを使用するなら駆使できる事がたくさんあるのです(カードポイントが確実に貯められる)。

クレジットカードが利用できないショップで直接商品を買わずにカードを利用するやり方でクレジットカードポイントを儲けてしまおうというテクニックです。

普段通り買い物をしてしまう限りではつかないポイントであるため、絶対駆使して下さい。