FX初めての方が市場のポイントを理解するにはまず実戦を積み上げていく事が必要です。

特に、先にリスクを回避できるようにするにはポカを積み重ねることも体験のひとつです。

もちろん、マイナスになるといっても命取りとなるほど重大な間違いをしてはいけない。

取り戻せるぐらいのミスを何回か経験することが結果的に自身の場数を増やす事が出来ます。

こう考えると最初は少ない額で売買を行い、そこで数回取り戻せる損をすることをおすすめします。

たとえば、100万円だけしか投資できない場面で、はじめから一銭も残さないで投資して売買すると、負けた時立ち直れなくなってしまう怖さがあります。

それよりは、たとえば1割ずつ分割して注文して取引を重ねた方が、着実に失敗をカバーする術なども身についていくはずです。

最初にわずかなお金で売買する事の有益なところは先に言及したように、自らの取引経験を増やし、失敗を制御する方策を学んでいく事にありますが合わせて、取引の回数を積み重ねる事で危険性を減らす事ができるという長所もあります。

仮に、1度だけのトレードで利益を上げられる確率が二分の一だとします。

言い換えると、同じく二分の一の確率で損失を生むリスクもあるということになります。

勝率50%ということは半分半分の可能性で勝てることを表現しています。

だが、全部の資金を使って1回だけのエントリーをするということは勝ちか、負けのいずれかになってしまう。

そのままでは1回だけの賭けと同じです。

結局のところ、全てを投資して1回こっきりの勝負しないと、この分だけ負ける確率が高くなります。

だから、資金を1回にすべて使うのではなくいくつかに分割して回数を多くすることがリスク分散となります。

だからといっていくつかに分けたとしても、すべてに勝つ事は不可欠ではありません。

むしろ、勝利する事が出来ないのが現実です。

取引で重要なのは、勝った回数ではなく、どれほど利益を出すかです。

勝率が2分の1でも、或いは3割でも儲かる時は儲かる。

7割負けても損益が少額ならば、少ない勝ちの儲けで十分儲けられる。

そのために必要な事は、損を少なく、利益を大きくを気をつけておくことです。

損益が出たら素早く損切りして逆に勝った場合は可能な限り大きくプラスにする事が、外国為替証拠金取引の経験の浅い方が為替でプラスになるための極意です。