店舗でどれもの保有カードが使えるわけでもない◇クレカ会社の加入店舗は多くは、複数のカード運営会社と契約しているんですが、不便なことに一軒一軒のショップでみなの切れるのではありません。仕事 辞めたい アフィリエイト

一例をあげれば古いショップの際にはJCBの入ったそのクレカしか切れないときもあるし今日日のお店ならばVISAやMasterCardのロゴの入ったクレジットカードのみしか使用できないときもあります。

ダイナースクラブカードといったクレカ会社の場合、いっそう決済できないお店が増えると思います。

どの所有クレカが切れるかをいかなる方法で確かめたらいいのか?「だったらいかなる方法で何の印のクレジットカードが使えるかを見分けたら良いか?」というと、きちんとしたことを理解するとしたらお店の従業員にお見せしてみるしかないていうのが正直なところ正しい回答です。

だが大多数の売り場やショッピングモールには店舗の分かりやすい場所に切れるクレジットカード会社の案内がプリントされているステッカーが掲示されているんで「そっかこのレストランではVISAカードが決済可能なんだな」という感じで困らないようになっているので頭に入れておいてください。

とはいうものの、ちゃんと管理が行き届いていないお店のような場合には、ロゴシールが貼られているショップでも「うちではご使用のクレカはご決済いただけません」等の案内をされてしまうなんてこともあり、冷や汗をかいてしまう場合だってあるでしょう。

お勧めとしてはできる限りは全ての加盟店でクレジットカードが使えるようにしたいならば、もう一つのロゴ(国際マーク)がある一般的なVASA、MasterCard、ダイナーズといったクレカを複数枚申し込んでおくようにするとよいと思います(例えば:ライフカードを携帯しているなら他方はアメックスがついているカードを申し込むとする等)。

とりわけ日本では、VISA、MasterCard、JCBカードの3つのカード会社が書いてあるクレカをその都度使えるようにしておけばほぼ日本各地の加入店でいずれかのクレカを使用するよう準備万端というわけです。

クレカを活用して日々節約を目指すためには確実に少なくともこの3枚のクレカを所有しておいて損はないでしょう。